ビジネスの現場におけるレディースファッション

オフィスワークにおいて、服装の指定にビジネスカジュアルと記載されていることがあります。スーツではなくそれに準じた服装という意味が込められているのですが、具体的にはどういった服装が好まれるのでしょうか。

まずはビジネスシーンで好まれない服装を紹介します。ラフな印象を与えてしまうデニム素材の服やサンダル、ジャージ素材の服、パーカー、ショートパンツやミニスカートは避けた方が良いでしょう。ビジネスシーンで、肌の露出は控えるのがマナーです。

オフィスカジュアルで押さえておきたいポイントは、シンプルな装いと定番の色使い、きちんと感を意識するということです。白・黒・紺のブラウスにカーディガン、ひざ丈のスカートは、定番ながらビジネスシーンで失礼のないファッションです。グレイッシュな色味やパステルカラーの淡い色をうまく組み合わせることで、柔らかい雰囲気を演出するのもおすすめです。

ビジネスシーンにおすすめのコーディネート

トップスは、ベーシックカラーでシワになりにくい素材のシャツやブラウス、カットソー、ボトムスには、トップスに合わせやすくタイト過ぎないものを選ぶとよいでしょう。コーディネート例としては、黒の半そでブラウスにベージュの膝丈スカートや、白のカットソーに淡いグレーのジャケット、ボトムスはスモーキーブルーのロングスカートといった具合です。またベーシックなデザインのワンピースにジャケットやカーディガンを合わせるだけでも上品な印象のオフィスカジュアルになります。

オフィスカジュアルには、パンプスを合わせるのがおススメです。ベージュ、ブラック、ブラウンといった色でベーシックなデザインのもの、ヒールの高さが7cm以下のパンプスは、どんなオフィスカジュアルファッションにも合わせやすく、持っていてとても便利です。